テーマ:蝶昆虫

Red and Black 赤と黒

カラスアゲハと彼岸花 2010年9月25日撮影 川崎市麻生区王禅寺 赤(花) 和名:ヒガンバナ(彼岸花)、学名:Lycoris radiata 黒(蝶) 和名:カラスアゲハ(烏揚羽)、英名:Chinese peacock
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Autumn butterfly 秋蝶

秋蝶は 花休みが多い 2010年9月25日撮影 川崎市麻生区 蝶 和名:モンキチョウ(紋黄蝶)、英名:Eastern Pale Clouded Yellow 花 属名:アベリア、和名:ハナツクバネウツギ (花衝羽根空木)、学名:Abelia x grandiflora
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

the chirp of a cicada 法師蝉(ツクツクボウシ)の鳴き声

関東では晩夏になるとツクツクボウシが鳴き始める ツクツクボウシの声を観察すると個体により微妙に違う 1 つくつくぼーし 2 つくつくつぼーし 3 つくつくつくぼーし 写真の蝉は近くで撮られても終始 つくつくつぼーし 2010年9月11日撮影 川崎市麻生区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Phasmatodea とんでもないナナフシ

「ナナフシがいましたよ!」とみせてくれた。 ちょっと太めなので「とんでもない!」と思ったら、 「トビナナフシです。」と教えてくれた。 飛ぶナナフシもいるのか。 擬態が本業と思っていたが、 飛ぶのもナナフシギのひとつ? 2010年7月23日撮影 横浜市青葉区 ナナフシ@Wikipedia h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Allantus luctifer ハグロハバチ(幼虫)のミドリちゃん

カメラに収めた写真を見せながら「あら可愛い!」と二人で話しているところを通りかかった。 何が可愛いのか興味を持ち近づくと草葉の先にイモムシがいた。 名前がわからなかったので第一発見者の命名でミドリちゃんと呼ぶことにした。 帰宅後インターネット幼虫図鑑で調べたところハグロハバチの幼虫と判った。 2009…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Jewel beetle 玉虫は死しても色を残す

路上で玉虫(ヤマトタマムシ)が命を落としていた。 玉虫は死んでも色が変わらないので法隆寺宝物「玉虫厨子」の装飾として使われている。 2009年9月4日 横浜市青葉区寺家ふるさと村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sastragala esakii エサキモンキツノカメムシ(江崎紋黄角亀虫)

一寸に足りない虫にも五分の魂 「Heart Mark ハートマーク」の虫の名前を調べてみました。 背中にハートマークをつけた虫はエサキモンキツノカメムシでした。 一度出逢うと忘れられない虫です。 分類界: 動物界 Animalia門: 節足動物門 Arthropoda綱: 昆虫綱 Insecta目: カメムシ目(半翅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Painted Lady ヒメアカタテハ

最初はメスグロヒョウモンの♂かと思ったが紋様が違うようなので調べると ヒメアカタテハだった 南極大陸を除く全ての大陸に分布していて、現在最も分布が広いチョウの一つ 2009年7月15日撮影 横浜市青葉区寺家ふるさと村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Popillia japonica マメコガネ

ちいさなコガネムシ アメリカに侵入し、Japanese Beetleと呼ばれて恐れられているそうです。 2009年7月5日撮影 横浜市青葉区寺家ふるさと村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more