with Corona コロナとの共生

新型コロナウイルスと共生するには、外出自粛で閉じこもってばかりしていないで、ウォーキングなどでアンチエージングすることも大切だ。 発注していたノルディックポールが到着。鶴見川沿いや寺家ふるさと村などを楽しみながらウォーキングしたい。 2020年8月7日
コメント:0

続きを読むread more

Risshū 立秋

8月7日は立秋。『暦便覧』では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」とあるが、関東は猛暑日。 写真はシモツケ(下野)。 和名の「下野」は最初に下野国、現在の栃木県で発見されたことに由来する。 2020年8月7日
コメント:0

続きを読むread more

Bitter melon ゴーヤ(ニガウリ)

ゴーヤ(ニガウリ)を見ると沖縄を思い出す。初めて出会ったのは、1995年、沖縄県名護市でゴーヤチャンプルーを食したとき。当時は、現地でしか食せなかった。 那覇市牧志公設市場で出会ったおばあちゃんから奨められた海ぶどうも美味だった。 2020年8月 横浜市
コメント:0

続きを読むread more

Eddoe サトイモ(里芋)

子どものころ、サトイモ(里芋)の葉の下で雨宿りしていた。 サトイモの葉は、非常に細かい、球状の透明な細胞がびっしりと表面を覆っていて、撥水性があり、これをロータス効果と言う。 横浜市青葉区
コメント:2

続きを読むread more

Locust tree ニセアカシア

アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい~ アカシアに似ているからハリエンジュ(針槐)をニセアカシアと呼ぶ。 2020年7月25日 横浜市青葉区 ニセアカシア 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%8…
コメント:0

続きを読むread more

White clover シロツメクサ(白詰草)

詰め草の名称は1846年 (弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に緩衝材として詰められていたことに由来する。 葉は三つ葉が多いが、四つ葉以上のものがあり、特に4小葉のものは「四つ葉のクローバー」として珍重される。 2020年7月22日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more

Medical insured card 医療被保険者証

更新した後期高齢者医療被保険者証が届いた。青葉区役所の窓口へ後期高齢者医療基準収入額適用申請書を提出したが、適用申請が認められ、一部負担金の割合は3割から1割に変更された。有効期間は8月1日から2年間。老化が進むと医者にかかることが多くなったので適用はありがたい。 2020年7月
コメント:0

続きを読むread more

Hosta ギボウシ(擬宝珠)

和名のギボウシ(擬宝珠)は、蕾みが、橋や神社、寺院の階段、廻縁の高欄(手すり、欄干)の柱の上に設けられている飾りの擬宝珠(ぎぼし、ぎぼうしゅ)に似ていることに由来する。 英名はplantain lily(オオバコユリ)で、ギボウシの葉がオオバコに似ているため。 植物の名前で、土地の文化の違いが見える。 2020年7月13日…
コメント:0

続きを読むread more