優先席を若者が独占

IMG_5311f_1200.jpg


そろそろ傘寿の歳になり、持病を持っていると、公共機関の乗り物では極力座りたく、優先席が私の指定席になりつつある。
この日は、終日立つ予定なので、優先席マークがある乗車位置に立って待ち、乗車した電車の車両一台に優先席は三人分しかなく、年齢が二人分でも私の年齢より低い人たち(30代と思われる)が独占していた。全員、目をつむっていたり、スマホから目を離さず、私がいることに気がつかない。
このようなことを言いたくはないが、優先席の主旨を理解しない若者が多いことを残念に思う。

2021年2月15日
横浜市







"優先席を若者が独占" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント