Samurai Blue 偉大なる団結力で「ドーハの感激」のサムライブルー

画像

サッカー・AFCアジアカップ(AFC Asian Cup)で日本は団結力で激戦を制し4度目の優勝に輝いた。

アルベルト・ザッケローニ(Alberto Zaccheroni)監督は、主力から控えまでを含めたサッカー日本代表(Samurai Blue)チーム全体を「Grande Compattezza(グランデ・コンパッテッツァ=偉大なる団結力)」と表現した。

1993年10月28日のドーハの悲劇が、2011年1月29日にはドーハの感激となった。

2011年1月30日





AFCアジアカップ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

AFCアジアカップ(英: AFC Asian Cup)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権である。1956年に第1回大会が香港で行われ、以降4年ごとに開催されている。また、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられる。

歴史
AFCアジアカップは、アジア地域の大陸選手権として1956年に創設された。世界に6大会ある各大陸連盟選手権では、1916年に始まった南米選手権に次いで2番目に古い。1988年大会から、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップ(創設当初はキング・ファハド・カップ)への出場権が与えられている。また、かつてはアフロアジア選手権やAFC/OFCチャレンジカップヘの出場権も与えられていた。
2006年1月1日にオーストラリアがOFCから脱退し、AFCへ加盟した。オーストラリアは、2006年2月よりアジアカップの予選に参加した。

ドーハの悲劇
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドーハの悲劇(ドーハのひげき)は、1993年10月28日、カタールのドーハのアルアリ・スタジアムで行われた日本代表とイラク代表のサッカーの国際試合(1994年アメリカワールドカップ・アジア地区最終予選の日本代表最終戦)において、試合終了間際のロスタイムにイラク代表の同点ゴールが入り、日本の予選敗退が決まった事を指す日本での通称である。



"Samurai Blue 偉大なる団結力で「ドーハの感激」のサムライブルー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント