Pheonix ふたつのフェニックス 給水管改修工事と落盤事故救出

画像


我が家で給水管改修工事が行われた。

工事は専門用語では「給水配管更生工事」と言い、1日施工・即日通水が可能なASLⅡ工法で行われ、工事時間は8時30分頃~14時30分の6時間だった。(ASL:Aqua Shuttle Lining)

地球の裏側のチリ北部のサンホセ鉱山に作業員33人が閉じ込められた落盤事故の救出作業は、13日午後10時(日本時間14日午前10時)前、最後に地下に残ったリーダー役のウルスアの引き上げに成功、全員の救出作業を完了した。

我が家ではライニングピグが給水管内を高速移動し防錆塗膜をライニングし給水配管更生工事が行われ、給水管のチリが取れ小さな喜び。
裏側のチリでは地下700mと地上を結んだボーリング穴をカプセル「Phonix(不死鳥)」が往復し33人を救出し、チリや世界は大喜びした。

2010年10月14日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック