AED 自動体外式除細動器

東村山駅から数分の場所にある中央公民館にAEDが設置してあった。

日本では2004年7月から一般市民も使えるようになり、公共施設に設置されることが多くなったが、設置しているのを目にしたのは初めてだ。

画像
AED

画像
東村山市立中央公民館

AEDの用途は知っているが、詳細についてはあまり理解していないので調査してみた。

自動体外式除細動器 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/AED

自動体外式除細動器(じどうたいがいしきじょさいどうき、Automated External Defibrillator,AED)は、心臓の心室細動の際に電気ショックを与え(電気的除細動)、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器。
日本で現在承認されている製品は薬事法上の、類別・機械器具12、一般的名称・半自動除細動器あるいは非医療従事者向け自動除細動器に該当する。
海外の一部製品にあるような、完全に自動化された除細動器ではない。

機器の概要
心臓が停止した場合には作動しない。心室細動(一部機種では上室性頻拍も適応)の場合のみ作動する。
一刻も早く人工呼吸、心臓マッサージを行うとともに除細動器(AED等)によって心臓に電気ショックを与えることが必要となる。

日本の状況
空港や飛行機内、ホテルなどの公共施設に広く設置され、消火器などと同様に、万一の事態が発生した際にはその場に居合わせた人が自由に使えるようになっている。かつて日本では、医師しか使用が認められていなかった。
2003年になって、ようやく救急救命士に使用(医師の指示なく)が認められ、2004年7月からは一般市民も使えるようになり、空港や学校、球場、駅などの公共施設に設置されることが多くなった。

「電気的除細動」について調査した。

電気的除細動 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E7%9A%84%E9%99%A4%E7%B4%B0%E5%8B%95

電気的除細動(でんきてきじょさいどう)とは重症不整脈である心室細動、無脈性心室頻拍が原因で心停止に陥った心臓に電流を流すことで細動や頻拍をなくす処置である。
心房細動などの頻脈性不整脈を停止させるときにはカルディオバージョン(同期させた上での電気治療)を行う。
いわゆる「電気ショック」。

さらに、「心室細動」とは?

心室細動 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E5%AE%A4%E7%B4%B0%E5%8B%95

心室細動(しんしつさいどう、英Ventricular fibrillation:VF)とは、心臓の心室が小刻みに震えて全身に血液を送ることができない状態。

約5年ほど前に、お嬢さんをなくされた方が普及活動をされています。

AED
http://sakuraroom.chu.jp/aedFrameset-2.htm

画像


関連サイト

NPO AED普及協会
http://www.aedjapan.com/

命のバトン NPO AED普及協会関連ブログ
http://aedjapan.blog6.fc2.com/





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック