テーマ:

朝顔

朝顔のカーテン 2021年7月15日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百合の女王 カサブランカ

百合の女王「カサブランカ」はオランダで改良された品種で、ヤマユリなどを原種とするオリエンタルハイブリッドの一種 2021年7月12日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニユリ

鬼のパンツが好きな人は**のおばちゃん、 鬼百合が好きな人は**のおじちゃん 2021年7月13日 横浜市
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花

梅雨どきには紫陽花が良く似合う 2021年7月9日 横浜市
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金糸梅

花の形が梅に似ており、色が黄色であることが名前の由来の金糸梅。 中国原産で、江戸時代の宝暦10年(1760年)に渡来したといわれる。 写真は、金糸梅に似た、園芸種の大輪金糸梅。 2021年7月9日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝貌の花

萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志 また藤袴 朝貌の花 山上憶良 「万葉集」(巻八 1538)    憶良が詠んだ歌の「朝貌の花」は桔梗を指すとされている。 2021年7月1日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘクソカズラ(屁糞葛)

ヘクソカズラ(屁糞葛)は、藪や道端の至る所に生える雑草。ちょっと可哀想な名前だが、命名は植物学者の牧野富太郎さん。 日本最古の和歌集である『万葉集』の中にも「屎葛(くそかずら)」の名で詠まれている。 コ莢尓 延於保登礼流 屎葛 絶事無 宮将為 「そうきょうに 延(は)ひおほとれる屎葛(くそかずら) 絶ゆることなく 宮仕えせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ芙蓉

散歩中の路傍に咲く大輪のアメリカ芙蓉。北アメリカ原産。学名は Hibiscus moscheutos。英名は Swamp rose mallow。 2021年7月1日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バス通り

バス通りの花が満開。ここは陸橋の下のため、人通りが少ない。 2021年6月21日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマボウシ

ヤマボウシは同属のハナミズキより開花時期が遅い。 漢字では、山防止ではなく山法師と書きます。最近は山帽子とも? 2021年6月20日 横浜市
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄慶寺 紫陽花と羅漢

天正10年(1584年)に三井左衛門尉が開創したといわれる浄慶寺の 紫陽花と羅漢像 昭和42年から植えられた紫陽花は1000株を超える 2021年6月7日 川崎市麻生区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南天の花

南天の花が咲き始めた。近付いて良く観ると可愛いものです。 2021年6月3日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛍袋

蛍狩りで蛍袋が役に立つ季節になった。 関東では赤紫が、関西では白が多いそうだ。 2021年6月1日 横浜市
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花ショウブ

正覚寺のハナショウブ(花菖蒲)が見ごろ 2021年5月29日 横浜市都筑区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナルコユリ

葉の付け根から垂れ下がった花をつけるナルコユリ 2021年5月24日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シモツケ(下野)

生垣の白いシモツケ(下野)が咲き始めた。 和名の「下野」は最初に下野国(現栃木県)で発見されたことに 由来する。 2021年5月24日 横浜市
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花と蝶

花から花へと忙しく飛ぶモンシロチョウを追いかけるのは大変だ 2021年5月18日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキワツユクサ(常磐露草)

やや湿っている日陰や水辺に生えるトキワツユクサ(常磐露草)。日本には昭和初期に観賞用として持ち込まれ、帰化植物として野生化した。 横浜市では南域で見かけることが多い。 2021年5月15日 横浜市金沢区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハコネウツギ(箱根空木)

市民の森巡りで訪れた古橋市民の森に咲くハコネウツギ(箱根空木)。ハコネウツギの花は、はじめ白色、のち徐々に薄紅色から濃い紅色にまで染まってゆく。 名前に箱根とあるが、箱根にはほとんど自生していなくて、箱根に生える、よく似たニシキウツギ(二色空木)と間違われたのではないかと言われている。 2021年5月12日 横浜市泉区 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more