テーマ:

山茶花の道

散歩の途中、山茶花の花が散った道を歩く。 山茶花を「さざんか(さざんくわ)」と呼ぶようになったのは17世紀頃からのようだ。 山茶花(読み)サザンカ 《「さんさか」の音変化》ツバキ科の常緑小高木。九州・四国の山地に自生。葉は楕円形で両端がとがる。晩秋のころ白い花をつけ、散るときは花びらがばらばらに落ちる。種子から油を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏の座

ホトケノザ(仏の座)は花期が3月から6月の春花だが、 季節外れに咲いている 2020年11月29日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い絨毯

この辺り 赤のまんまの 大広間 2020年11月1日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アザミ(薊)

アザミ(薊)は、スコットランドでは、そのトゲによって外敵から国土を守ったとされ国花となっている。この時期、寺家ふるさと村では、ここがスコットランドであるかのように、アザミが咲き誇る。写真は関東では多いタイアザミ(トネアザミ)。 漢字の「薊」は「草冠+魚+刀」からなる字で、「魚」はトゲトゲした骨があることを表わしている。つまり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生け花

寺家ふるさと村流生け花 2020年10月25日 横浜市青葉区寺家町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルボ(蔓穂)

ツルボ(蔓穂)の和名の由来は諸説あるが、球根の外皮を剥くとツルっとした坊主頭に似ていることから、語源がツルボウ(滑坊)となったらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガマズミ(莢蒾)

白い小さな花をつけるが、果実は赤く食用となる。 晩秋の頃に表面に白っぽい粉をふき、 この時期がもっとも美味になるそうだ。 2020年10月2日 町田市三輪町 関連 里の秋 三輪の里散策 https://shashinkairo.at.webry.info/202010/article_1.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酔芙蓉

白からピンクに染まり始めたお昼前の酔芙蓉。 朝には白かった花が昼にはほんのりピンク色に染まり、夕方にはさらに濃いピンク色に変化していく。 2020年10月2日 町田市三輪町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萩の瀧

秋の風情、西方寺境内の萩 2020年9月27日 横浜市港北区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西方寺の彼岸花

西方寺参道の彼岸花が満開 2020年9月27日 横浜市港北区新羽町2586 関連 西方寺 <横浜市港北区> https://aunkomainu4.at.webry.info/202009/article_10.html Saihouji Temple 西方寺 <横浜市港北区> https://au…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)

草むらに入り写真を撮ったら、果実がズボンに大量にくっついて、取るのが大変だったアレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)。小さくて可愛いピンク色の花に露がついて盗人の顔に見える。名前はヌスビトオイハギ? ヌスビトハギ 和名は、果実が泥棒の足跡に似ると言う。奇妙に聞こえるが、牧野富太郎によると、古来の泥棒は足音を立てないように、足裏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワルナスビ(悪茄子)

寺家ふるさと村のこの一帯にワルナスビ(悪茄子)が定住している。 日本では1906年(明治39年)に千葉県成田市の御料牧場で牧野富太郎により発見及び命名され、以降は北海道から沖縄まで全国に広がった。 2020年9月16日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大輪キンシバイ

外出自粛していたので、大輪キンシバイが黄金の山のように咲く姿を見ないうちに花期が過ぎてしまった。 2020年9月16日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花

彼岸が近づくと彼岸花が咲き始める 2020年9月15日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンナ

真夏の炎天下、大きな葉の間から鮮やかな花を元気に咲かせるカンナ。 2020年9月2日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

oleander キョウチクトウ(夾竹桃)

6月より残暑の頃の9月まで開花するキョウチクトウ(夾竹桃)。 和名は、葉がタケに似ていること、花がモモに似ていることから。 大気汚染にも強いため、工業地帯や幹線道路沿いの植栽など、都市緑化にも利用される。 植物全体に心臓毒性を有するオレアンドリンなど強心配糖体が含まれており、少しの量でも摂食すれば中毒を引き起こす。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

kudzu 葛

葛の花が咲くと くず餅を食べながら愚図を聞きたくなる 2020年8月15日
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sweet Autumn Clematis 仙人草

まだ若くて髭が生えていない仙人草(せんにんそう)。 和名は痩果に付く綿毛を仙人の髭に見たてたことに由来する。 別名が「ウマクワズ(馬食わず)」、有毒植物で馬や牛が絶対に口にしないことを意味する。 2020年8月14日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Skunk vine ヘクソカズラ(屁糞葛)

可哀想な名前と裏腹に可愛い花を咲かせるヘクソカズラ(屁糞葛)。 和名ヘクソカズラの由来は、葉などをつぶすと、強い悪臭を放つことから「屁糞かずら」の意味で名付けられたもので、元々は「屁臭(へくさ)」だったものが転訛したともいわれている。英名も「skunk vine」(スカンクの蔓)。 日本最古の和歌集である『万葉集』の中にも「屎葛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

After glory 栄華の跡

カラスウリ(烏瓜)は日没後開花して朝しぼむ 2020年8月 横浜市青葉区 関連 カラスウリ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%83%AA
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more