テーマ:狛犬

Stone two Deva kings 旧千燈寺跡の石造仁王像

旧千燈寺跡は千燈岳および不動山の中腹にあり、大分県の史跡に指定されている。 千燈寺から細い坂道を登る。まず西行返しと呼ばれる場所に着き、さらに進むと、伽藍跡に着いた。 伽藍跡には堂宇はなく、中心となる護摩堂跡に一対の仁王像が立っていた。 仁王像は、一枚岩に半肉彫りにされた珍しいもの。 2009年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Usa Shrine 宇佐神宮は八幡宮の総本社

宇佐神宮(うさじんぐう)は全国四万四千社と称する八幡宮の総本社。 正式名は宇佐神宮だが、宇佐八幡あるいは宇佐八幡宮とも通称される。 上宮までの参道に狛犬が二対鎮座していた。 本殿は国宝。 2009年3月27日撮影 大分県宇佐市 関連 江戸参府ビッグウォーク20…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Oimatsu Shrine 老松神社の狛犬

飯塚辺りには老松神社が多い。 旧長崎街道沿いの老松神社境内でひと休み。 鳥居の近くに明治31年8月建立の狛犬が鎮座していました。 photo by Jack 2009年3月24日撮影 福岡県飯塚市
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Chikushi Shrine 筑紫神社

長崎街道の原田宿にある筑紫神社は筑紫の国号になったと伝えられる神社。 貫禄ある狛犬が鎮座していました。 photo by Jack 2009年3月23日撮影 福岡県筑紫野市
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Ryuzoji Shrine and Kusunoki Shrine 龍造寺八幡宮と楠神社

龍造寺八幡宮は鎌倉の鶴ヶ丘八幡を勧請した八幡で、 由緒は源平合戦の折り戦功のあった龍造寺南次郎李家公が、 源頼朝から佐賀地方の地頭職に任ぜられたときに建立したもの。 以来佐賀の鎮守として歴代鍋島藩主も崇敬した。 龍造寺八幡の境内にある楠神社は楠公を祭った最初の神社。 楠公を護る最初の狛犬…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Tonomi Shrine 鳥海天満宮の荒踊絵馬と狛犬

武雄市山内町の鳥海天満宮へ立ち寄った。 鳥海は「とのみ」と読む。 社の前には狛犬が鎮座。 荒踊絵馬が佐賀県重要有形文化財。 2009年3月17日撮影 佐賀県武雄市山内町鳥海 佐賀県重要有形民俗文化財 荒踊絵馬(あらおどりえま) 昭和54年3月31日指定 武雄市山内町大字…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Sueyama Shrine 陶山神社と白磁狛犬

陶山神社は江戸時代「有田皿山宗廟八幡宮」と称される通り、有田町および有田焼繁盛の「陶祖の神」として、有田町を見渡す蓮華石山麓の景勝の地に創建された。 日本で唯一の陶器製鳥居(明治21年奉納)がある。 お目当ては、白磁の狛犬で、明治20年(西暦1887年)に赤絵町十代今泉今右衛門が奉納。 陶器製灯籠や大水…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Arajin Shrine 阿羅仁神社 <長崎県平戸市>

江戸参府ビッグウォーク初日、平戸市田平町の阿羅仁神社前を通過 社名の読み方は不明 狛犬が鎮座しているかどうかは不明 2009年3月13日 長崎県平戸市田平町田代免又67番地 関連 長崎縣神社廰 松浦支部 http://nagasaki-jinjacho.o…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The label for Kirin Beer 麒麟のもとになった狛犬

旧グラバー邸にある「麒麟」のラベルのもとになった狛犬 2009年3月10日撮影 長崎県長崎市 この彫刻(こま犬)は、今日のキリンビール社のラベルのもとになったものであり、また、ラベルの「麒麟」に太い口ひげが描かれているのは、キリンビール社の前身であるジャパン・ブルワリー・カンパニーの…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Komainu  百度参りを見守った熊野神社の狛犬

熊野神社の狛犬は百度参りする私を、2月18日で318往復、2月22日現在で330往復、見守ってくれた。 ご苦労様でした。 ちなみに2月22日現在、石段を22,770段昇降したが、 狛犬のお陰でつまずくことは一度もなかった。 2009年2月18日撮影 横浜市寺家ふるさと村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The color of the torii  寺家ふるさと村熊野神社の鳥居は何故白いか?

寺家ふるさと村の熊野神社の鳥居は明神鳥居(みょうじんとりい)だ。 材質はコンクリート製で白く塗られている。 四季の家で、お客さんから「何故、熊野神社の鳥居は白いのか?」と質問されたそうだ。 狛犬を撮っていることもあり、全国各地の神社を訪れる機会が多く、鳥居の色は多種多様だとは知っているが、色で格付けなどされていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kotohira Shrine  武州柿生琴平神社は紅葉が本殿代行

武州柿生琴平神社の本殿が消失して一年半。 まだ再建の動きはなく、紅葉が本殿代わりでした。 紅葉狩りする狛犬親子 2008年12月7日撮影 川崎市麻生区王禅寺 関連 親子で留守番の武州柿生琴平神社 http://masaji.at.webry.info/200710/article_92.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The two Deva kings stone statue  王禅寺の仁王石像

星宿山王禅寺の禅寺丸柿の実も熟しきった。 薬師堂(旧本堂)は黄葉に囲まれていた。 王禅寺の仁王像と云えば、すぐ思い出すのが山門の仁王像だが、 薬師堂の前の石段を登りきったところに小型の仁王石像があった。   弘化三年(1846)十一月建立 2008年12月7日撮影 川崎市麻生区王禅寺 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

An inspiration and expiration  荒い呼吸を見守る寺家熊野神社の狛犬

寺家町の熊野神社の石段は69段ある。 34段上った所で一度石段が切れる。 右を見ると阿形が 左を見ると吽形が 阿吽の呼吸で 見張っている 私は荒い呼吸で中を横切り、休まずいっきに残りの35段も上る。 これを3回続けて207段上ったあとお参りする。 2008年11月23日撮影 横浜市青葉区寺家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土崎神明社と湊城跡 Tsuchizaki Shinmeisha Shrine

土崎港町総鎮守の土崎神明社は湊城跡地に建てられた。 1620年(元和6年)創建。 残念ながら狛犬は不在だった。 湊城跡(みなとじょうあと)説明文 湊城は安東氏の居城であった。 築城年代や規模はあきらかでないが、天正元年(一五七三)当時すでに湊城があり、 また現地形と元文年間(一七三六~一七四〇)の古絵図によ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

秋田県護国神社 Gokoku Shrine

秋田県護国神社は、 明治2年(1869年)、秋田藩主佐竹義堯が戊辰戦争に殉じた官軍戦没者を高清水丘に祀ったのが起源である。 狛犬は一対鎮座していた。   2008年10月10日撮影 秋田市寺内
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

空素沼と空素沼神社 Karasunuma Shrine

秋田城址近くにある空素沼を訪ねた。 南東側(古四王神社近く)の道路をしばらく行くと空素沼神社の鳥居があり、参道の奥に小さな社があった。 残念ながら狛犬は不在。 空素沼の南東側は樹林に囲まれていて沼を見ることが困難で、 樹林が途切れた隙間からわずかだけ望むことができた。 南東側をあきらめ、復元された秋田城址東門(…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

古四王神社の狛犬 Komainu of Koshio Shrine

古四王神社(こしおう じんじゃ)は、秋田県秋田市にある神社。 創建は伝658年(斉明天皇4年)。 社伝では、崇神天皇の時代、四道将軍大彦命が蝦夷を平定するため北陸道に派遣された折、 北門の鎮護のために武甕槌神を齶田浦神(「あぎたのうらのかみ」は日本書紀に記載されている。 一説では蝦夷が信仰した地主神または海洋神と推定し、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

全良寺の仁王像 Zenryo-ji Temple

旧羽州街道沿いにある全良寺参道の仁王像です。 全良寺には戊辰戦争で戦った秋田藩と援軍の薩摩・肥前など新政府軍の戦死者を埋葬した官修墓地がある。 2008年10月10日撮影 秋田市八橋
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

秋田市・菅原神社の狛犬と木鼻 

菅原神社は案内板によれば慶安年間(1648~1652)に現在の潟上市天王にあったとされ、 数回の移転の後、延享3年(1746)に現地に遷座し菅原神社と改称した。 吽形の狛犬です。撮ったはずの阿形の狛犬写真原画は何故か消失。 拝殿は明治4年に焼失したため、廃寺になっていた寿量院の御霊屋を明治6年に移築した。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夜叉袋・諏訪神社の木暗闇の中の狛犬 Komainu of Hachirogata

千数百年前、神功皇后が三韓征伐の際、蝦夷ヶ港(夜叉袋)に漂着し、 諏訪明神を祀ったのが始まりの夜叉袋・諏訪神社。 二つの参道が並行しており、それぞれ一対の狛犬が鎮座していた。 平成・奥の細道の道中、木暗闇の中で急いで撮ったためフォーカスを合わせられなかった。 2008年9月14日撮影 秋田県八郎潟町…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

八橋山不動院の狛犬 Komainu of Fudo-in

八橋山不動院の開基は、佐竹家二代藩主・義隆。 寛文5年(1665年)に三間四面の堂宇を建立して「庚申尊」を安置し、寺号を「八橋山金剛寺」と称し、後に現在の不動院と改めた。 本尊の青面金剛童子は、寺伝によると日本三庚申の一つと云われ、天平の昔、天竺婆羅門僧正が日本に渡り奈良の大仏開眼法要の後、日本国土の開発を祈って三体の庚申尊…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more