テーマ:奥の細道

bonds 「小繋小学校と住民の絆は大繋ぎ」について

2006年10月、平成・奥の細道で訪れた岩手県一戸町の小繋小学校について掲載した記事、「小繋小学校と住民の絆は大繋ぎ」について今日、コメントを頂いた。 コメント 母校です! ありがとうございます。 卒業生 2015/03/17 00:47 当時、すでに廃校となった母校を維持管理して公開し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Border 越中から加賀へ

平成・奥の細道ウォークで倶梨伽羅峠越えをした 国境を股にかける ちなみに、右足は加賀国で左足は越中国 2012年9月16日 富山県小矢部市・石川県津幡町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Shimin Ikoi no Ie 市民いこいの家で汗を流す

平成奥の細道で直江津から泊までの道中を終えた。 この日は10月10日だから、直江津へ戻り銭湯(1010)を探した。 駅前の観光案内所で尋ねたところ直江津には銭湯は既に全館が廃業とのこと。 冷や汗をかいたが、市民いこいの家があると教えていただいて汗を流した。 リーズナブルな料金で250円。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

border 越後から越中へ

境川が越後と越中の国境 平成奥の細道の道中も新潟県から富山県に入った 左足が越後で右足が越中 2011年10月10日 新潟県糸魚川市・富山県朝日町 境橋にて
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Barrier Enoki 市振の関所榎

平成奥の細道で親不知(おやしらず)の難所を越え、市振(いちぶり)に着いた。 市振関所跡にある関所榎は日本海からの強風に吹かれ続けて大きく傾いていた。 もし榎が倒れると柵を越えてしまう。 ここは市振小学校の敷地内 2011年10月10日 新潟県糸魚川市市振 市振関所跡と榎 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Oyashirazu 親不知

平成奥の細道の道中で難所の親不知は歩行困難なため平成の籠(バス)で越えた。 市振から振り返って眺めた親不知 2011年10月10日 新潟県糸魚川市市振 関連 親不知子不知は平成の籠を利用@まさじの写真回廊 http://masaji36.at.webry.info/201110/art…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Gangi street 糸魚川の雁木通り

糸魚川市街地の雁木通り 2011年10月9日 新潟県糸魚川市 雁木造@Wikipedia 雁木造(がんぎづくり)は、新潟県の商店街等で見られる雪よけの屋根の事である。アーケードに類似の建築物。一般に雁木と呼ばれる。同じものを秋田県や青森県では小店(こみせ)と呼ぶ。 概要 新潟…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Comma-shaped bead 日本一の翡翠の勾玉

糸魚川駅改札口前にある日本一の翡翠(ヒスイ)の勾玉(まがたま) 2011年10月9日 新潟県糸魚川市 日本一の翡翠の勾玉 翡翠は縄文の時代から人々の心を誘い、数多くのロマンスを育み、独自の文化を発症した、「神秘の石」と伝えられています。 この勾玉は大糸線小滝駅に近い小滝川から算出した原石を加…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Jade uncut stone ヒスイ原石

糸魚川駅構内のヒスイ(翡翠)原石 2011年10月8日 新潟県糸魚川市 ヒスイ(翡翠)原石  このヒスイは、姫川の支流である小滝川で算出したものです。糸魚川市には、青海川の橋立にもヒスイの産地があり、それら産地の一部は、国の天然記念物に指定されています。  当地では、縄文時代よりこのヒスイを…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Tsutsuishi Station 筒石駅は地下トンネルの駅

平成奥の細道で訪れた北陸本線筒石駅のホームは頸城(くびき)トンネル内にあった。 駅舎は海抜66mにあり、ホームは海抜26mで、高低差40mは階段で登り下りする。 ホームから改札口までの距離は、 上りホームから改札口まで212m(280段)で、下りホームから改札口まで176m(290段)。 乗車券を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

monkshood トリカブト

平成奥の細道で訪れた上越地方の日本海沿岸でトリカブト(鳥兜)が沢山咲いていた 2011年10月8日 新潟県上越市 トリカブトについて トリカブト トリカブト(鳥兜・学名Aconitum)は、キンポウゲ科トリカブト属の総称である。 概要 トリカブトの仲間は日本には約3…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

San Hachi morning fair  直江津の三八朝市

平成奥の細道で直江津を訪れた。 ちょうどこの日は琴平神社近くの三八市通りで朝市が開かれていた。 芭蕉は直江津へ二日間滞在し、この通りにある聴信寺で句会を開き、 「文月や六日も常の夜には似ず」の句を詠んだ。 私たちは混雑をさけるため迂回した。 2011年10月8日 新潟県上越…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Ohkouzu floodway 大河津分水を渡る

大河津分水で信濃川下流の治水が改善したが、先般は支流が大荒れでした。 2011年9月19日 新潟県燕市・長岡市 大河津分水@Wikipedia 大河津分水(おおこうづぶんすい、大河津分水路)は、信濃川を新潟県燕市内(分水地区)にて分流し、長岡市内(寺泊大河津地区)を経て日本海に注ぐ分水路で…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

salmon 塩引鮭の吊るし

平成奥の細道で新潟県村上を訪れた。 この日は町屋の屏風まちりの最終日で、しばらく町屋を散策した。 味匠喜っ川では名産の塩引鮭が年中吊るされている。 2010年10月11日撮影 新潟県村上市
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

matchlock gun 火縄銃

平成奥の細道で新潟県村上を訪れた。 この日は町屋の屏風まちりの最終日で、しばらく町屋を散策した。 九重園では屏風の外にむかしの武器も展示されていた。 写真は火縄銃。 2010年10月11日撮影 新潟県村上市
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

salmon 布製塩引鮭

平成奥の細道で新潟県村上を訪れた。 村上は鮭のまち。なんと百種類もの鮭料理があり、そのなかでも塩引鮭は有名。 写真は土産用の布製塩引鮭。 2010年10月11日撮影 新潟県村上市
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more