テーマ:江戸参府ビッグウォーク

New Year's Party 新年会

江戸参府ビッグウォークの日本人三人が久しぶりに集まった。 清さんとは2010年に二回会ったが、良平さんとは2009年11月の日本スリーデーマーチ以来。 三人が集まるのは一年二カ月ぶりになる。 三人の都合がつく日が1月7日しかなかったので新年会とすることにした。 場所は横浜市野毛町にある、清さんの友人福田さんが…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

New Year's Card ジャックからの年賀状

Een Gelukkig Nieuwjaar! (NL) ジャック(Jacques Liska)さんから年賀状が届いた。 彼は筆まめで江戸参府ビッグウォーク中、毎日日記を書き、よく奥さん宛に絵葉書を出していた。 Hallo dear friends It has been sometime…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kalender オランダのカレンダーは誰ンダー

江戸参府ビッグウォークを歩いたジャックさんからカレンダーが届いた。 カレンダーはオランダ語ではkalenderと書く。 このプレゼントがさっそく役に立った。 クリスマスカードを作ってブログやメールで国内外に配信したが、 実はその素材はエアーメールで届いた包装紙だった。 絵柄をパソコンで探していたら目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Exchange 国立国会図書館の電子展示会「江戸時代の日蘭交流」

国立国会図書館のホームページで電子展示会「江戸時代の日蘭交流}が公開されました。 当館所蔵の江戸時代の日蘭交流の情報が満載されています。 江戸参府ビッグウォーク2009の記事を転載します。 http://bigwalk2009.at.webry.info/200912/article_1.html 国立国会図書館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Harmonica Duo スイスのAdiさんとハーモニカデュオ

日本スリーデーマーチでは丸木美術館で小一時間ほどたっぷりと休憩する。 昨年からここでスイスのAdiさんとハーモニカデュオをするのが恒例となった。 Adiさんはあちこちでソロを演奏するがMasajiとのデュオはこの場所だけだ。 この日は江戸参府ビッグウォークの交流ウォークを兼ねたのでオランダ大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009 Hirado Holland Year 2009「平戸オランダ年」

今年2009年は日蘭通商開始から400周年という記念すべき年。 このことを祝い、オランダ貿易発祥の地であるこの平戸市で「平戸オランダ年」として国際交流イベントをはじめとしてたくさんのイベントを行なっている。 平戸市から、2009「平戸オランダ年」のピンバッヂと小旗を頂いた。 2009「平戸オランダ年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gubijinso 「京都漱石の會」の会報 虞美人草《第4号》が届いた

「京都漱石の會」の会報 虞美人草《第4号》が届いた。 虞美人草は、私が会員の末席に入れて戴いている「京都漱石の會」の会報である。 京都漱石の會 http://kyotososeki.at.webry.info/ 「京都漱石の會」は、文豪夏目漱石の人と作品を研究者のみならず広く一般の方々とともに、その足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Postage stamp sheet 切手シート「平戸から始まった日蘭通商400年」

このオリジナルフレーム切手は、日蘭通商開始から400 周年という記念すべき年を迎える平戸市のオランダにちなんだ名物・名所等を題材としたもので、地域を限定して販売されたもの。 長崎県の佐世保市、平戸市、大村市、松浦市、西海市、北松浦郡、東彼杵郡内の郵便局限定販売。 10月20日に発行され、平戸の喫茶インドールのマスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Seto inland sea 瀬戸内海の生いたち

屋島山上最北端にある遊鶴亭からの瀬戸内海の眺望です。 瀬戸内海の生いたちです。 昔は島だったから屋島、5000年後の瀬戸内海はどのようになっているでしょう。 2009年4月3日撮影 photo by Jack 江戸参府ビッグウォークにて 香川県高松市 瀬戸内海 出典: フリー百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kunisaki Peninsula 仏の里国東(ほとけのさとくにさき)

周防灘に丸く突き出した国東半島は、 奈良時代から平安時代にかけて六郷満山と呼ばれる神仏習合の文化が栄えた所である。 今も、半島の至る所にその遺跡が散在し、人々は「仏の里」と呼んでいる。 江戸参府ビッグウォークで国東を訪ねた時に出会った新しい石仏群。 帽子の持ち主をご存知ですか? 2009年3月27日撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sanukite カンカン石(讃岐岩)の楽器を演奏

東京オリンピック開会式開始で鳴り響いた、 世界で唯一の石の楽器、サヌカイト製の石琴です。 江戸参府ビッグウォークで訪れた屋島で 記念に演奏して楽しんだ。 曲名はドレミの歌 2009年4月3日撮影 photo by Jack 香川県高松市屋島 関連 江戸参府ビッグウォーク2009 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sugawara Shrine 善通寺・菅原神社の狛犬

参道の入り口に狛犬がいた。 社ははるか向こう。 2009年3月31日撮影 photo by Jack 香川県善通寺市 関連 江戸参府ビッグウォーク2009 http://www5e.biglobe.ne.jp/~masaji/bigwalk2009/ ブログ江戸参府ビッグウォーク2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Kaiganji Temple 海岸寺の仁王像は力士像

弘法大師(空海)の生誕地として知られる海岸寺の仁王像は土地の名力士。 相撲好きのJackさんは興味津津。 大豪琴ケ濱 2009年3月31日撮影 photo by Jack 香川県多度津町 関連 江戸参府ビッグウォーク2009 http://www5e.biglobe.ne.jp/~masa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kumade Shrine 熊手八幡宮

神功皇后が三韓征伐の帰り、風波を避けるためこの辺りに立ち寄り、出発の際、熊手と籏を置いていった。 これを村人が祀ったの始まりとされる。 神功皇后が立寄ったのは日本書紀などによれば三世紀。 創建は相当古い。 熊手とは、長い柄の先に熊の手を模した鉄製の爪をつけた武器。 老狛犬が鎮座していた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Yes We Can 長崎原爆の日

64年前の1945年8月9日、長崎に原爆が投下された。 午前11時2分。高度503mで炸裂した。 オバマ米大統領は「核のない世界の実現」を呼び掛けた。 核兵器廃絶は実現できるだろうか? Yes We Can. 関連 江戸参府ビッグウォーク2009 http://www…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Futagoji Temple 両子寺の石造仁王像

両子寺(ふたごじ)は、大分県国東市安岐町の両子山中腹にある天台宗の寺院。 山門に続く石段の両脇には、江戸後期の作とされる国東半島最大級の石造の仁王像が立っている。 (総高245cm、像高230cm) Lolieさんたちも小さく見えます。 2009年3月28日撮影 大分県国東市 関連 江戸参府…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Monjusenji Temple 文殊仙寺の石造仁王像

江戸参府ビッグウォークで国東半島文殊山の中腹にある文殊仙寺で一宿した。 寝所となった客殿(不動堂) 本殿奥の院文殊堂 参道の長い石段途中の両脇にある石造仁王像 2009年3月28日撮影 大分県国東市 関連 江戸参府ビッグウォーク2009 http://www5e.big…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Stone two Deva kings 旧千燈寺跡の石造仁王像

旧千燈寺跡は千燈岳および不動山の中腹にあり、大分県の史跡に指定されている。 千燈寺から細い坂道を登る。まず西行返しと呼ばれる場所に着き、さらに進むと、伽藍跡に着いた。 伽藍跡には堂宇はなく、中心となる護摩堂跡に一対の仁王像が立っていた。 仁王像は、一枚岩に半肉彫りにされた珍しいもの。 2009年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Usa Shrine 宇佐神宮は八幡宮の総本社

宇佐神宮(うさじんぐう)は全国四万四千社と称する八幡宮の総本社。 正式名は宇佐神宮だが、宇佐八幡あるいは宇佐八幡宮とも通称される。 上宮までの参道に狛犬が二対鎮座していた。 本殿は国宝。 2009年3月27日撮影 大分県宇佐市 関連 江戸参府ビッグウォーク20…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Kokura Gion drum 小倉祇園太鼓に送られて

江戸参府ビッグウォークで旧長崎街道の終点の小倉常盤橋に到着した。 「ドンガ、ドンガ、ドンガ・・・」と、 地元の子どもたちが小倉祇園太鼓を打ち鳴らして迎えてくれた。 歓迎の儀式も終わった。 別れで常盤橋を渡るとき、また祇園太鼓が鳴り始めた。 しばらく至福の時間 ここち良い太鼓の音が常盤橋を渡りきるまで送って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

the sixtieth birthday celebration 還暦祝いの武者行列

江戸参府ビッグウォークで旧長崎街道の名所のひとつ曲里(まがり)の松並木に着いた。 この日はLolie(ローリー)さんの還暦の日。 本人に内緒で北九州市八幡西区役所の山本さんに還暦だと伝えたら、 お祝いとして武者行列を企画して下さった。 さっそく着替えを開始。 Lolieさんは188cmの大男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oimatsu Shrine 老松神社の狛犬

飯塚辺りには老松神社が多い。 旧長崎街道沿いの老松神社境内でひと休み。 鳥居の近くに明治31年8月建立の狛犬が鎮座していました。 photo by Jack 2009年3月24日撮影 福岡県飯塚市
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Chikushi Shrine 筑紫神社

長崎街道の原田宿にある筑紫神社は筑紫の国号になったと伝えられる神社。 貫禄ある狛犬が鎮座していました。 photo by Jack 2009年3月23日撮影 福岡県筑紫野市
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

an Ebisu for guidepost 道しるべ恵比須

旧長崎街道の「ながさき道」「こくらみち」道標の近くに座した道しるべ恵比須。 城下町佐賀を歩くと、あちこちで恵比須さんに出会う。 約430体で、日本一だとか。 photo by Jack 2009年3月20日撮影 佐賀県佐賀市
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ryuzoji Shrine and Kusunoki Shrine 龍造寺八幡宮と楠神社

龍造寺八幡宮は鎌倉の鶴ヶ丘八幡を勧請した八幡で、 由緒は源平合戦の折り戦功のあった龍造寺南次郎李家公が、 源頼朝から佐賀地方の地頭職に任ぜられたときに建立したもの。 以来佐賀の鎮守として歴代鍋島藩主も崇敬した。 龍造寺八幡の境内にある楠神社は楠公を祭った最初の神社。 楠公を護る最初の狛犬…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more