テーマ:植物

Hydrangea macrophylla 浄慶寺の紫陽花

浄慶寺のアジサイ(紫陽花)の種類が増えた。 名前は、お寺にあまり似合わない「ダンスパーティー」。 2020年6月25日 川崎市麻生区上麻生6-34-1 関連 Jokeiji Temple 浄慶寺 <川崎市麻生区> https://shashinkairo.at.webry.info/202006/arti…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aster yomena ヨメナ(嫁菜)

浄慶寺の庭に秋花のヨメナ(嫁菜)が咲いていた。 2020年6月25日 川崎市麻生区上麻生6-34-1 関連 Jokeiji Temple 浄慶寺 <川崎市麻生区> https://shashinkairo.at.webry.info/202006/article_1.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Abelia アベリア

生け垣に咲くアベリアの花。 むかし、花の名前の記憶法として「マ抜けのアベマリア」と教わった。 2020年6月16日 横浜市 関連 「真夏日の生垣に咲く花」について@雅爺の小部屋 https://masaji.at.webry.info/200706/article_68.html アベリア@Wi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Japanese Spiraea シモツケ(下野)

雨露がシモツケ(下野、学名:Spiraea japonica L.f.)と同花(同化)。 和名の「下野」は最初に下野国、現在の栃木県で発見されたことに由来する。 2020年6月1日 横浜市青葉区 関連 シモツケ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hypericum monogynum L. ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ(未央柳、美容柳)は中国原産で約300年前に日本に渡来した。葉がヤナギに似ているので、ビヨウヤナギと呼ばれるが、ヤナギの仲間ではない。 キンシバイにも似るが、特に雄蕊が長く多数あり、よく目立つ。 2020年6月1日 横浜市青葉区 関連 ビヨウヤナギ https://ja.wikipedia.o…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

fish mint ドクダミ

雨に濡れるドクダミ 生薬として、日本では十薬と称され流通している。 2020年6月1日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Philadelphia fleabane ハルジオンの群落

野原いっぱいに咲くハルジオン(春紫苑)。花期の終わり頃には花の大きさが小さくなるように感じる。北アメリカ原産。 2020年5月15日 横浜市青葉区 関連 ハルジオン@Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Long-headed poppy ナガミヒナゲシ

外出自粛の影響かナガミヒナゲシ(長実雛芥子)が大発生 地中海沿岸の原産で日本では帰化植物として自生している。 輸入穀物などに紛れて渡来したと推測され、1961年に東京都世田谷区で初めて確認された。以後、群馬県、福岡県などにも分布が広がり、2000年以降には全国へ爆発的に拡散した。 2020年5月18日 横浜市青葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

American tulip tree 百合の木

街路樹のユリノキ(百合の木)の花が咲き始めた。 チューリップのような花をつけるのに和名では百合の木と呼ぶ。 ユリノキ ユリノキ(百合の木、学名: Liriodendron tulipifera)は、モクレン科ユリノキ属の落葉高木である。 種小名 tulipifera は「チューリップ(のような花)をつける」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Japanese pampas grass 薄(ススキ)

秋の七草のひとつ薄(ススキ) 萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花 山上憶良(万葉集・巻八 1538) 2019年10月9日 横浜市
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Acorn ドングリ

シラカシのドングリが生った。ドングリは種子ではなく果実。 2019年9月30日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

White clover シロツメクサ(白詰草)

芝生に座り、四つ葉のクローバーを探したが見つからなかった。和名の「ツメクサ」の由来は、江戸時代にオランダから輸入されたガラス器の梱包の際に本草が詰め物として使われていたことから「詰草」と呼ばれるようになった。 2019年7月19日 横浜市 関連 シロツメクサ@Wikipedia https://ja.wikip…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more