阿智神社 招霊(おがたま)の木 Michelia compressa

画像


御神木招霊(おがたま)の木。モクレン科の常緑樹。花 赤・白。

招霊とは神を招くと云う意味で、神事において昔は榊でなく招霊の木に神様をお招きしてお祭りしていた。
天照大神が天岩戸に籠られた時に天宇受売命(あめのうづめのみこと)が手にして舞を奉られたのは此の招霊の枝で、
神代より平安繁栄幸福を招く神聖な木とされてきた。

神楽鈴はこの木の実が原型になったと伝えられている。

随神門前石段の右側にある。

2008年3月9日撮影
岡山県倉敷市

関連

倉敷散策
http://masaji.at.webry.info/200803/article_38.html

"阿智神社 招霊(おがたま)の木 Michelia compressa" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント