法然上人 Honen holy priest

法然(ほうねん)は平安時代末期から鎌倉時代初期の日本の僧侶で、浄土宗の開祖。

建永2年(1207)法然上人75才の時、お弟子たちの起こした事件の責を負われ、
四国讃岐に流罪になり、小松の庄(生福寺)に約四年間住んだ。

法然寺の高松藩松平家墓地に法然上人墓がある。

画像

2008年1月9日撮影
香川県高松市仏生山町

関連

仏生山来迎院法然寺 雅爺の小部屋
http://masaji.at.webry.info/200801/article_56.html

"法然上人 Honen holy priest" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント