タカサゴユリ(高砂百合)

IMG_1059_1500.JPG

あちこちでタカサゴユリ(高砂百合)が咲いている。


タカサゴユリ(高砂百合)はテッポウユリ亜属の植物。台湾原産。名前の由来は、台湾を意味する古称である高砂国に由来する。原産地の台湾では「台湾百合」(台灣百合)、「高砂百合」と呼ばれている。
タカサゴユリはテッポウユリに似るが、茎が比較的太く丈夫で、丈が 1.5m ほどに生長するものもある。花期は7 - 9月、花長は 15-20cm、直径は 5cm より大きめと、テッポウユリよりも大型になる。また葉が細く、花は白を基調とするものの薄い紫色の筋が入る。
日本では1924年に園芸用に移入された帰化植物として全国に分布する。
Wikipedia


2021年8月8日
横浜市青葉区



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント