抗老化

長年使っていた掛け布団が、最近、重く感じて胸苦しくなり、 軽い羽毛布団を新調した。これで少しは長生きできるかな? 2021年5月23日
コメント:0

続きを読むread more

ユキノシタ(雪の下)

民家の庭の片隅に咲くユキノシタ(雪の下、虎耳草、鴨脚草、鴨足草、金糸荷)。山地の湿った場所に生育する草本で、観賞用に庭にも植えられる。 和名ユキノシタの語源については諸説ある。 ・雪が上につもっても、その下に枯れずに緑の葉があるからとする説 ・白い花を雪(雪虫)に見立て、その下に緑の葉があることからとする説 ・葉の白い斑…
コメント:0

続きを読むread more

横浜の人口が過去最多で378万人超え

市営地下鉄車内に流れるニュースで、横浜市の人口が過去最多になったとあった。 神奈川新聞ニュース 横浜市の人口が5月1日現在で初めて378万人を超え、過去最多の378万273人となったことが14日、市の推計で分った。 横浜市は日本の市の人口順位で第1位で、都道府県と比較しても東京都、神奈川県(横浜市を含む)、大阪…
コメント:0

続きを読むread more

ハコネウツギ(箱根空木)

市民の森巡りで訪れた古橋市民の森に咲くハコネウツギ(箱根空木)。ハコネウツギの花は、はじめ白色、のち徐々に薄紅色から濃い紅色にまで染まってゆく。 名前に箱根とあるが、箱根にはほとんど自生していなくて、箱根に生える、よく似たニシキウツギ(二色空木)と間違われたのではないかと言われている。 2021年5月12日 横浜市泉区 …
コメント:0

続きを読むread more

コウホネ(河骨)

もえぎ野公園の池に咲くコウホネ(河骨)。 和名の由来には複数の説があるが、一説には、川辺に生え、ワサビ状の白い地下茎が白骨のように見えることから、「河の骨」の意でこの名がついたとされている。しかし園芸植物大事典によると日本最古の本草書『本草和名』(918年)には崔禹錫の『食経』よりの引用として「骨蓬」という名を引き、そ…
コメント:0

続きを読むread more

ハルジオン(春紫菀)

道端でよく見かけるハルジオン(春紫菀)は、初夏になるとひとまわり小さくなるように感じる。 花がよく似ているヒメジョオン(姫女菀)とは花びらの幅で見分けるのが一番解りやすく誰にでも簡単にできる方法で、1㎜以下の細い花びらがハルジオンで 約1.5㎜で幅が広いのがヒメジョオン。 花の時期は4-6月頃で、ヒメジョオンの6-10月頃よ…
コメント:0

続きを読むread more