風の色がみえてくる

「楽しみながら歩けば風の色がみえてくる」は1985年に辰濃和男さんが天声人語で書かれた名言であり、日本でのウォーキングのキャッチフレーズだ。 梢の葉音や木を擦る音を聴きながら寺家ふるさとの森を歩くと緑色の風の色がみえてくる。 2021年4月26日 横浜市青葉区 関連 「風の色」記念碑除幕式 https://m…
コメント:0

続きを読むread more

北山の石(奇他山の石)

大規模買収に「他山の石」発言、幹事長「それくらいの表現は許されてしかるべきだ」と反論したそうだ。 幹事長が自党員を他人と言えるかどうか?学校の試験では誤答だろうが、政界では正解かな。 他山の石 「他山之石可以攻玉」『詩経』(小雅・鶴鳴篇) ここから転じて、「他人のつまらない言行、誤りや失敗などにも、そこから学…
コメント:0

続きを読むread more

宝鐸草を覗く

宝鐸草(ホウチャクソウ)は草丈30-60cmで、垂れた花の中を見るのは難しく、隙間からのぞき込む。 2021年4月16日 横浜市 関連 ホウチャクソウ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AF%E3…
コメント:0

続きを読むread more

浜なしの花

梨園の「浜なし」の花が開花。 「浜なし」は横浜で生産された梨のブランド名。 2021年12月11日 横浜市青葉区 浜なしのご紹介 最終更新日 2019年1月16日 浜なしとは 「浜なし」とはナシの品種名ではなく、横浜市内で生産されたナシのブランド名です。 平成27年に横浜農協が商標登録しました。 …
コメント:0

続きを読むread more

新緑

新緑が映える季節となった。 東京都の23区と6市が4月12日から5月11日まで「まん延防止等重点措置」を実施している。県境近くに住んでいるので、県境を越えると都内になり、普段の散歩も制約を受ける。重点措置実施の前日、越境して実施前最後の散策をした。 ここは三輪の森ビジターセンターの敷地のようだ。この一帯は昔は山中の樹林だったが、…
コメント:0

続きを読むread more

藤の花

民家に咲く藤の花 一般名称としての藤には、つるが右巻き(進行方向に時計回り)と左巻きの二種類がある。右巻きの藤の標準和名は「フジ」または「ノダフジ」、左巻きの藤の標準和名は「ヤマフジ」または「ノフジ」である(牧野富太郎の命名による)。 2021年4月11日 町田市三輪町
コメント:0

続きを読むread more

スギナ

スギナを杉菜と和名で表すとは気がつかなかった。 和名スギナの由来は、地上部がスギ(杉)を連想させ、春のツクシが食用されることから、「杉の菜」の意から名づけられたものだそうだ。 2021年4月 横浜市
コメント:0

続きを読むread more