White clover シロツメクサ(白詰草)

詰め草の名称は1846年 (弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に緩衝材として詰められていたことに由来する。 葉は三つ葉が多いが、四つ葉以上のものがあり、特に4小葉のものは「四つ葉のクローバー」として珍重される。 2020年7月22日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more