雅爺の小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS With Horn ホルンとともに

<<   作成日時 : 2013/12/19 08:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



Human rights Essay Contest 人権作文コンテスト長崎県大会表彰式・朗読会」について

第33回全国中学生人権作文コンテストで、法務省人権擁護局長賞と、長崎県大会最優秀賞・長崎県地方法務局長賞を受賞した森川可奈子さんの作文を転載します。


おめでとうございます!







ホルンとともに


森川可奈子


 「大人になったら私の右手はみんなと同じように動くようになるの」
 母はちょっとだけさみしそうに笑って、小さく首をふりました。そして、私が生まれたとき、どう思ったかを話してくれました。
「つばさの折れた小さな鳥のようだなと思ったよ。でもね、みんなと同じように空高く速く飛べなくてもいい。自分なりの高さとスピードで飛べばいい、と思ったよ。」
 私はこの言葉を聞いて、とてもうれしかったです。そして、何事もがんばろうと心に決めました。
 13年前の夏、私は右手がまったく動かない状態で生まれてきました。脳から右腕に向かう神経が切れてしまっていたのです。両親はとても心配して、私の治療ができる病院を日本中探したそうです。そして6ヶ月の赤ちゃんのとき、大阪の子ども専門の病院で手術をしてもらいました。その後、地元の病院でリハビリを習って、今ではだいぶ動くようになりました。
 私は小さいときから、みんなと違っていることに気づいていたし、他の人と同じようにできなくて、くやしい思いをしたことが何度もありました。そんなとき、母は童謡詩人・金子みすゞの「私と小鳥とすずと」という言葉を教えてくれました。私も小鳥もすずも、それぞれに、いいところがいっぱいあるということが書かれた詩でした。私は優しくて温かい言葉がいっぱいあふれたこの詩が大好きになりました。世の中に同じ人間なんて一人もいないのだから、それぞれの個性をお互い大事にしてあげないといけないのだと思いました。
 私の不自由な右手も、一つの個性なのだと思います。だけど、やっぱり少しいやなことを言われたこともあります。たぶんその人たちはいじわるで言ったのではなかったかもしれないし、もう忘れていると思うけど、私はちょっとだけ悲しかったです。だって、私にはこれ以上どうすることもできないのだから。自分にできる努力は一生懸命してきたのだから、どんなにがんばっても、どうしてもできないこともあるのです。小さいときはできたことも、体が大きくなって腕が長く重くなってきて、思うように右手が動かず、くやしい思いをすることが。だから、他の人にもわかってもらえたらうれしいのです。「みんなちがってみんないい」ということを。
 中学校に入学して部活を決めるとき、私は音楽が好きなので、吹奏楽部に入りました。楽器は両手で使うものが多い中、一つだけ左手だけで演奏できるものがありました。それがホルンです。ホルンは金管楽器で一番難しいと言われていますが、私は左手でできる楽器とめぐりあえて、とてもうれしかったです。右手で支えるのは大変ですが、がんばって練習しています。それでもなかなか思うような音がでませんでした。毎日毎日ホルンと向き合い、練習を重ねました。やっとコンクール前日に曲になりました。先生も「人一倍がんばったね」と声をかけてくださいましたし、部員みんなも「きれいな音色だね」とほめてくれました。ホルンと一緒に成長していきたいという思いでいっぱいになりました。私は自分にできることは、100パーセントの力を出してがんばっていきたいと思います。
 私の右手は、あまり動かせないために左手と比べて、長さや大きさのちがいがあるし、少し曲がっています。でも、私の家族はみんなニコニコ笑って、こう言ってくれます。
 「可奈子の右手、ちっちゃくてかわいくて、大好きだよ」って。
 私も自分の右手が大好き。私と一緒に、リハビリをがんばって、いろんなことに挑戦して、たくさんのことができるようになって、ホルンを支えてくれているから。
 私はこれからも「みんなちがってみんないい」という言葉を胸に、しっかり前を向いて、背筋をのばして生きていこうと思います。
 そして、みんながお互いを認め合い、その個性を尊重し合って、皆が笑える世の中であってほしいと思いながら、今日も、ホルンを響かせます。







from Facebook記事 by 森川祐輔さん

(注)Facebook記事閲覧はアカウント登録が必要です


関連

Human rights Essay Contest 森川さんが人権作文コンテストで入賞
http://masaji.at.webry.info/201311/article_29.html

Human rights Essay Contest 人権作文コンテスト長崎県大会表彰式・朗読会
http://masaji.at.webry.info/201312/article_16.html

長崎県人権啓発活動ネットワーク協議会
http://www.moj.go.jp/jinkennet/nagasaki/nagasaki_index.html




Copyright(C) まさじ (Masaji) 2005-

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
The equation to be happy 森川さんが社会を明るくする運動弁論大会で優秀賞
第65回“社会を明るくする運動”長崎県弁論大会が平成27年7月30日(水)に平安閣サンプリエール(長崎市)で開催され、中学生の部で平戸市代表で出場した田平中学校3年森川可奈子さんが優秀賞(NBC長崎放送賞)を受賞されました。おめでとうございます。(弁論内容は後述) 可奈子さんは森川祐輔さんのお嬢さんです。 ...続きを見る
blogまさじの小部屋
2015/07/31 08:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
With Horn ホルンとともに 雅爺の小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる