Kyoto Walk 京都散策「高瀬川散策と賀茂神社巡り」

晩秋の10月23日早朝、京都漱石の會の第八回定例会があり京都駅に着いた。

夏目漱石が着いたとき(「京に着ける夕」の春寒)とはまったく季節気候時刻が違う。



 汽車は流星の疾きに、二百里の春を貫いて、行くわれを七条のプラットフォームの上に振り落す。余が踵の堅き叩きに薄寒く響いたとき、黒きものは、黒き咽喉から火の粉をぱっと吐いて、暗い国へ轟と去った。
 たださえ京は淋しい所である。原に真葛、川に加茂、山に比叡と愛宕と鞍馬、ことごとく昔のままの原と川と山である。昔のままの原と川と山の間にある、一条、二条、三条をつくして、九条に至っても十条に至っても、皆昔のままである。数えて百条に至り、生きて千年に至るとも京は依然として淋しかろう。この淋しい京を、春寒の宵に、とく走る汽車から会釈なく振り落された余は、淋しいながら、寒いながら通らねばならぬ。南から北へ――町が尽きて、家が尽きて、灯が尽きる北の果まで通らねばならぬ。

 汽車は流星の疾《はや》きに、二百里の春を貫《つらぬ》いて、行くわれを七条《しちじょう》のプラットフォームの上に振り落す。余《よ》が踵《かかと》の堅き叩《たた》きに薄寒く響いたとき、黒きものは、黒き咽喉《のど》から火の粉《こ》をぱっと吐《は》いて、暗い国へ轟《ごう》と去った。
 たださえ京は淋《さび》しい所である。原に真葛《まくず》、川に加茂《かも》、山に比叡《ひえ》と愛宕《あたご》と鞍馬《くらま》、ことごとく昔のままの原と川と山である。昔のままの原と川と山の間にある、一条、二条、三条をつくして、九条に至っても十条に至っても、皆昔のままである。数えて百条に至り、生きて千年に至るとも京は依然として淋しかろう。この淋しい京を、春寒《はるさむ》の宵《よい》に、とく走る汽車から会釈《えしゃく》なく振り落された余は、淋しいながら、寒いながら通らねばならぬ。南から北へ――町が尽きて、家が尽きて、灯《ひ》が尽きる北の果《はて》まで通らねばならぬ。

 夏目漱石 「京に着ける夕」 より




定例会の今回のテーマは「鴎外・漱石が愛した京の高瀬川」で、午前の部の集合は御池大橋西詰10時30分。


時間があるので 京を南から北へ散策 「高瀬川散策と賀茂神社巡り」をすることにした。



画像
京都駅烏丸口駅前



京都駅を6時前に出発し、七条より少し下流から高瀬川沿いに二条源流まで散策。その後、鴨川河畔に下りて、源流庭苑の外から取水口を見学した後、鴨川遊歩道をみそそぎ川沿いに鴨川取水口まで上り、高瀬川散策を終えた。

その後引き続き出町橋まで遊歩道を歩いたあと、一般道路に上がり、下賀茂神社、上賀茂神社巡りした。

高瀬川沿いをのんびりと歩き過ぎたり、多少、道に迷ったりしたため、上賀茂神社を出るときは残り時間が1時間。6km強の距離を河畔の遊歩道を急ぎ汗だくとなり、集合地には、集合時間ぎりぎりの2分前に到着した。


誰かが「大汗かいていますね!!」


まさじ「大冷や汗です。」


「途中でゆっくり朝飯を」と思っていたが、その時間がなく、朝飯前の予定が朝飯抜きの京都散策となった。



京を南から北へ--北の果てまでの「京に着ける朝」は大汗だくだった。


いずれまた、「京を去る夕」として灯りの点いた高瀬川沿いをのんびりと散策してみよう。


今回の京都散策での成果は、


 高瀬川散策@まさじの写真回廊
 http://masaji36.at.webry.info/201110/article_44.html

 賀茂神社巡り@阿吽探訪
 http://aunkomainu.at.webry.info/201110/article_20.html



総距離

 約18km。



散策ルート


大きな地図で見る


2011年10月23日
京都市


関連記事

京都の早起きは三文の得
http://masaji.at.webry.info/201110/article_28.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

たかし
2011年10月26日 07:28
かなりハードな早朝ウオーキングとなったようですね。
高瀬川の散策と両賀茂神社のお参りができて良かったですね。
集合地点までの6キロ、1時間はお腹もすいていて大汗の
大変なウオーキングとなったようで、お疲れ様でした。
2011年10月26日 17:01
たかしさん
上賀茂神社で狛犬は見当たらなかったので、すぐ引き返し、集合時間に間に合わせることができました。
講演会も良かったし、充実した一日でした。

この記事へのトラックバック