Do not stand at my grave and weep 刻字『千の風になって』

画像
柿生の里展より


新井満訳の『千の風になって』は無断転載できませんので南風椎訳の『1000の風』をどうぞ



『1000の風』
訳 南風椎


私の墓石の前に立って
涙を流さないでください。


私はそこにはいません。


眠ってなんかいません。


私は1000の風になって
吹きぬけています。


私はダイアモンドのように
雪の上で輝いています。


私は陽の光になって
熟した穀物にふりそそいでいます。


秋には
やさしい雨になります。


朝の静けさのなかで
あなたが目ざめるとき


私はすばやい流れとなって
駆けあがり


鳥たちを
空でくるくる舞わせています。


夜は星になり、


私は、そっと光っています。


どうか、その墓石の前で
泣かないでください。


私はそこにはいません。


私は死んでないのです。



Copyleft by Hae Shii 1995-2010

南風椎の「森の日記」
『1000の風』(訳 南風椎)
http://blog.greetings.jp/?eid=162
2010.03.12 Friday
より


メアリー・フライ(Mary Elizabeth Frye)が詠んだ元の詩は

Do not stand at my grave and weep@Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Do_not_stand_at_my_grave_and_weep


Do not stand at my grave and weep,
I am not there, I do not sleep.
I am in a thousand winds that blow,
I am the softly falling snow.
I am the gentle showers of rain,
I am the fields of ripening grain.
I am in the morning hush,
I am in the graceful rush
Of beautiful birds in circling flight,
I am the starshine of the night.
I am in the flowers that bloom,
I am in a quiet room.
I am in the birds that sing,
I am in each lovely thing.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there. I do not die.


2011年5月25日
川崎市麻生区王禅寺

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年05月30日 18:03
お邪魔します。久し振りに訪問致しました。
「南風椎」様の訳拝見しまして気持ちが少し緩みました。 
私事で御座いますが、母の急逝の後何かと気重な事共が多く雨摸様の心地で過ごして参りました。
関東大災害の酷い事態に時期が重なり涙など流す暇も御座いませんでした。
今日この詩を見つめ胸の痛みが少しやわらぐ思いが致します。
有難う存じます。
2011年05月31日 03:25

Hanapon壱さま
激甚災害となった東日本大震災では”万の風になって”と変えなければいけないですね。
記事にメアリー・フライ(Mary Elizabeth Frye)が詠んだ元の詩を加えました。
I am in ten thousand winds that blow, と読み変えてください。
まさじ

この記事へのトラックバック