Water dropping 竹のある風景 滴が滴る瞬間

画像


引力の法則

2011年1月22日
町田市三輪町



@Wikipedia

蛇口から滴る滴滴(しずく)とは、完全に、もしくは完全に近い形で表面が他の物体から独立した、少量の液体。 滴を形成する最もシンプルな方法は、小さな直径の管を垂直に立て、下端から液体がゆっくりと流れるようにする、というものである。 ぶら下がった滴が一定の大きさを超えると、滴は不安定になって、自然にしたたり落ちる。 滴はまた、蒸気を急激に冷やし圧縮することによっても、あるいは多めの液体をスプレーすることによっても形成できる。

管の端にぶら下がることのできる水滴の最大重量は、ほぼ次のとおりになる。

mg=3πaλcosα

a は半径、 λ は液体の表面張力、α は管との接触角度である。 この方法は、表面張力を測定する基本的方法となる。

一般に水では、1滴の基準は0.05g程度とされている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック