都喜彦さんが八十二歳で二回目のボウリング200点をマーク Bowling

都喜彦さんから朗報が届いた。
またまたボウリングで200点をマークしたそうだ。

今年で二回目の快挙。前回は八十二歳誕生日の翌日だった。

メールで送られてきたスコアカードです。

画像
(クリックすると拡大されます)


都喜彦さんは1990年11月13日から200点以上のスコア記録をつけており、以来、今回が38回目の達成で、
80歳代では7回目の快挙だ。

10フレームでダブルを取り195点。最後の一投になったとき、仲間たちから ”あと5点!あと5点!” の大コールが・・・
さすが経験豊富な後期高齢者、深呼吸をして精神統一の後、最後の一投。

結果は

● ○ ○ ●
○ ○ ●
○ ○


見事、202点をマークしました。

200点をマークしたときの大歓声が聞こえてくるようです。

健康ボウリングに乾杯!!
最高の肴での、この日の晩酌は、さぞかし美味しかったことでしょうね。

また朗報を楽しみに待っています。

  晩秋や健康ボウルで歳忘れ  まさじ

お粗末でした。

関連

都喜彦さんが八十二歳でボウリング200点をマーク
http://masaji.at.webry.info/200806/article_8.html

都喜彦の四季折々
http://www.geocities.jp/tokihikok/masaji/haiku/oriori/



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック