都喜彦さんが八十二歳でボウリング200点をマーク Bowling

都喜彦さんから朗報が届いた。
ボウリングで一年ぶりに200点以上をマークしたそうだ。

それも八十二歳誕生日の翌日。
都喜彦さんは、最近、噂の高い後期高齢者の一人なのだ。

メールにはスコアカードが添付されていた。

画像
(クリックすると拡大されます)

機械が記録するのでまぎれもない確証となる。

都喜彦さんは1990年11月13日から200点以上のスコア記録をつけており、以来、今回が37回目の達成で、
80歳代では6回目の快挙だ。

200点以上をマークするのが、どれ位大変かと言うと、
運動神経がそう悪くない私が1回も経験していないくらい素晴らしいことなのだ。

健康ボウリングとして、毎週一、二回の練習を続けている努力の成果だろう。
この日の晩酌は、さぞかし美味しかったことでしょうね。

何はともあれ、おめでとうございます。
また朗報を楽しみに待っています。

関連

都喜彦の四季折々
https://sites.google.com/site/shikioriorimasaji/
blog都喜彦の四季折々
http://shikiori.at.webry.info/



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック