伊能忠敬の大日本沿海輿地図 Japanese map

長崎街道 Nagasaki Highway」で掲載した表紙写真の地図は、「大日本沿海輿地全図(だいにほんえんかいよちぜんず)」。

伊能忠敬が日本初の実測による全国測量を実施し、忠敬の没後、1821年に幕府天文方の手で完成した

忠敬が作成した日本地図は、総称して「伊能図」と言われ、「大図」(1/36,000:214枚)、「中図」(1/216,000:8枚)、「小図」(1/432,000:3枚)とその他の図に分類される。

画像
「大日本沿海輿地全図」部分図

測量は次の10回にわたって行われた。

寛政12年(1800) 55歳第1次測量:東北・北海道南部測量
享和元年(1801) 56歳第2次測量:関東・東北東部測量
享和2年(1802) 57歳第3次測量:東北西部測量
享和3年(1803) 58歳第4次測量:東海・北陸測量 測量経路
文化元年(1804) 59歳日本東半部沿海地図を幕府に提出し、将軍家斉の上覧を受ける。
以後幕史に登用される
文化2~3年(1805~06) 60~61歳第5次測量:畿内・中国測量 測量経路
文化5~6年(1808~09) 63~64歳第6次測量:四国測量 測量経路
文化6~8年(1809~11) 64~66歳第7次測量:九州1次測量 測量経路
文化8~11年(1811~14) 66~69歳 第8次測量:九州2次測量
文化12~13年(1815~16) 70~71歳第9次測量:伊豆七島測量(忠敬は不参加)
文化13年(1816) 71歳第10次測量:江戸府内測量

参考・関連

伊能忠敬記念館HP
http://www.city.katori.lg.jp/museum/index.html

国土地理院
http://www.gsi.go.jp/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック