梅もほころぶ滝宮天満宮 Takinomiya Shrine

菅原道真は仁和2年(886)から寛平2年(890)の初めまで讃岐国司として赴任、
有岡屋形と呼ばれた南条郡瀧宮の官舎に住んだ。
神社境内は官舎の跡。

道真が大宰府で他界したことを偲び滝宮天満宮が建立された。

画像

拝殿前の梅がほころび始めていました。

画像

2008年1月9日撮影
香川県綾歌郡綾南町滝宮


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック