「ヒルガオ(昼顔)」はコヒルガオ(小昼顔)かも知れません

画像

ヒルガオ(昼顔)」の花はコヒルガオ(小昼顔)かも知れません。

目黒のおじいちゃんさんから教えていただいた両者の違いは、
苞葉の先端が丸いのはヒルガオ、先端が尖っているのはコヒルガオです。
花の大きさはコヒルガオの方が少々小さいようですね

だそうです。

また、ヒルガオ(Wikipedia)では、
ヒルガオと似ているが、花弁が直径3~4cmとヒルガオより小さいこと、花弁の付け根にギザギザがあること、葉の形などの差異がある。


写真は通りすがりに撮った1枚だけ。(本記事写真と「ヒルガオ(昼顔)」写真の原画は同じ)

葉の形からだと、コヒルガオの可能性が高いかな?

来週、同じ所を通ったとき、花の咲いていた場所を記憶していれば確認しようと思います。
でも、私の眼力(?)と記憶力ではちょっと無理かな?

確認できなかったときは

 あの花は「コヒルガオ」か「ヒルガオ」のどちらかでしょう。

とします。


和名 コヒルガオ(小昼顔)
科名 ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草
学名 Calystegia hederacea
英名 なし


2007年6月20日撮影
町田市三輪町



蛇足

[Q1]

・貴方は、この写真と同じ場所を探せますか?

・貴方は、この写真と同じ場所を探しますか?

[Q2]

・私は、この写真と同じ場所を探せると思いますか?

・私は、この写真と同じ場所を探すと思いますか?



一週間少し経って、同じ場所付近へ訪れたときには、周辺には花は咲いていなかった。

結局、「コヒルガオ」か「ヒルガオ」かを確認することはできなかった。

2007年6月29日


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ヒルガオ(昼顔)

    Excerpt: 夏の昼、草むらの中に淡い紅色の顔を出すヒルガオ(昼顔)です。 Weblog: 雅爺の小部屋 racked: 2007-06-22 13:20