漱石忌

画像


十二月九日は文豪夏目漱石の忌日である。

慶応三年一月五日(1867年2月9日)江戸に生れ、
東大英文科卒業後松山中学に赴任し、
病気のため帰省中の子規が同居した時から句作を始め、
忽ち日本派有数の作者となった。

その後ロンドンに留学し、その間子規は没し、句作に熱を失う一方、
帰朝後小説家として盛名を得、文豪の面があまり偉大であるため、
俳人としての面は閑却視されがちになったが、
俳人としても明治俳句屈指の作者である。

 肩に来て人懐しや赤蜻蛉
 秋の江に打ち込む杭のひびきかな


墓は東京雑司ケ谷霊園にある。

〔村山古郷:大日本歳時記〕


漱石忌のこの日
生憎の時雨のためか、朝の雑司ケ谷霊園は人影も少なく、
漱石の墓も閑静だ。

画像

墓参を済ませ去ろうとすると鳴き声が聞こえたので振り返ると
猫が墓石のうしろから現われた。

墓守だろうか。

画像

2006年12月9日

 関連 
椿わびすけさんの 「漱石忌 北鎌倉へまいりました」
http://rendezvou.exblog.jp/m2006-12-01/#4686577
「雑司ケ谷霊園に眠る著名人」
http://www.kosho.ne.jp/~ouraiza/jousetsu/list.htm


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 漱石忌 吾輩は墓守の猫である

    Excerpt: 今日は夏目漱石没後百周年。 ちょうど10年前の漱石忌の日、夏目漱石の墓参をしたときに墓守をしていた猫 Weblog: blog 吾輩は馬である racked: 2016-12-09 07:45