雅爺の小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS Nihon Odori Street 日本大通

<<   作成日時 : 2017/01/05 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



昔、入り海だった横浜公園から旧横浜村の横浜港方面を眺めると、上り坂になっていることがわかる

銀杏並木は、震災後の復興事業で整備されたもの



横浜では、開港(1859年)まもない1866年に慶応大火(豚屋火事)が発生し、当時の横浜の町の中央部を焼き尽くした。
居留地に住んでいた外国側は新しい都市計画を要求し、日本人居住区と外国人居留地の境に延焼を防ぐための日本大通を設けることになり、1870年に、中央に車道12m、左右に歩道3mと植樹帯9m、合計道路幅員36m(メートル)と言う日本大通が、日本初の西洋式街路としてほぼ完成した。

One man's fault is another's lesson. 人のふり見て我がふり直せ@雅爺の小部屋
http://masaji.at.webry.info/201612/article_24.html



2017年1月5日
横浜市中区



Copyright(C) まさじ (Masaji) 2005-2017

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Nihon Odori Street 日本大通 (旧横浜村側)
旧横浜村の海岸通りから、昔、入り海だった横浜公園方面を眺めると、本町通りから向こうは下り坂で見えない ...続きを見る
blog横浜ぶらり探訪3
2017/01/11 10:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nihon Odori Street 日本大通 雅爺の小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる