雅爺の小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球からの贈り物 備長炭

<<   作成日時 : 2007/11/13 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

姫路で宿泊したホテルのベッドの枕元に、空気浄化用として「備長炭」が置いてあった。

備長炭の名は、紀州田辺藩城下町に代々伝わる炭問屋の取扱商人
「備中屋長左衛門」という人物名に由来している。

彼が備長炭の発明者だ、という説もあるが、彼は名付け親であり、
実際の発明者は、田辺市秋津川の無名の炭焼き師だったと地元では伝えられている。

本来、樫による白炭のみが備長炭とよべるものだが、
製法等が広く伝わったことから、白炭全体に用いられるようになった。

なお、中国から最初に日本へ白炭技術を伝来したのは弘法大師。

2007年11月9日撮影

参考

紀州備長炭 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E5%B7%9E%E5%82%99%E9%95%B7%E7%82%AD

CHARCOAL MUSEUM HOME
http://www.iip.co.jp/minabegawa/index.html

Copyright(C) まさじ (Masaji) 2005-2017

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
紀州人です。(*^∇^*)「地球からの贈り物」は、素敵なタイトルですね。備長炭は、ウバメガシの備長炭が最高級品です。ウバメガシは和歌山県の木にも制定されていますが、どんどん減少傾向にあります。地球からの贈り物は、大事にしたいですね。
miomai
2007/11/15 17:16
miomaiさま

かつて、炭焼き人は、原木を求めて窯を移動させ、その間にウバメガシの再生をはかっていたそうですね。

みなさん一人ひとりが地球環境を大事にしたいですね。
まさじ
2007/11/15 17:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球からの贈り物 備長炭 雅爺の小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる