雅爺の小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 国立新美術館でフェルメールの「牛乳を注ぐ女」を鑑賞

<<   作成日時 : 2007/10/26 06:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国立新美術館は東京大学生産技術研究所の跡地に建設された美術館。

先日急逝した黒川紀章氏と日本設計の共同体による設計である。

画像


国立新美術館開館記念として9月26日から12月17日の会期で開催されている、
アムステルダム国立美術館所蔵 フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展を
西谷安柄さんたちと一緒に鑑賞した。

「牛乳を注ぐ女」はフェルメールの作品の中で傑作中の傑作といわれる名作。

画像

11年前にアムステルダムのRijksmuseumで鑑賞したが、
あのときは、レンブラントの「夜警」の印象が強かったため、
「牛乳を注ぐ女」の印象は少なかった。

「牛乳を注ぐ女」は小品(45.5x41cm)だが、
あらためてじっくりと鑑賞すると、綿密な描写や光の表現など、
名作といわれる所以が少し解ったような気がする。

私は絵画の鑑賞は嫌いではないが、
批評はあまり得意ではない。

2007年10月24日撮影
東京都港区

関連
国立新美術館
http://www.nact.jp/index.html

Rijksmuseum Amsterdam
http://www.rijksmuseum.nl/index.jsp?lang=en


Copyright(C) まさじ (Masaji) 2005-2017

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国立新美術館でフェルメールの「牛乳を注ぐ女」を鑑賞 雅爺の小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる