雅爺の小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS エルニーニョ現象の影響でこの冬は暖冬

<<   作成日時 : 2006/12/27 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

今年の12月はよく雨が降る。

26日夜から27日にかけても低気圧が急速に発達しながら関東地方の沿岸を北上し、
年の暮れと言うのに深夜、雷鳴を伴う荒模様であった。

この冬は暖冬で、関東地方は平年に比べ曇りや雨または雪の日が多くなるそうだ。
これはエルニーニョ現象の影響で太平洋側に低気圧が発生しやすくなるのが原因。

気象庁25日発表の関東甲信地方3か月予報でも、
「この期間の平均気温は高い確率50%、3か月降水量は平年並または多い確率ともに40%」
となっている。

2006年12月26日撮影


エルニーニョ現象発生時の冬(12〜2月)の天候の特徴
 東日本の平均気温: 高い 66% 平年並 0% 低い 34%
 東日本(太)の降水量: 多い 48% 平年並 26% 少ない 26%
 東日本(太)の日照時間: 多い 0% 平年並 63% 少ない38%
 (注)長期的な変化傾向を除く

参照
気象庁 > 気象統計情報 > 地球環境・気候 > エルニーニョ/ラニーニャ現象に関するデータ > エルニーニョ現象に伴う日本の天候の特徴
http://www.data.kishou.go.jp/climate/db/elnino/learning/tenkou/nihon1.html



 エルニーニョ関連 

気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

気象庁 > 気象統計情報 > 地球環境・気候 > エルニーニョ/ラニーニャ現象
http://www.data.kishou.go.jp/climate/elnino/

エルニーニョ/ラニーニャ現象とは (気象庁)
http://www.data.kishou.go.jp/climate/db/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

エルニーニョ現象に伴う日本の天候の特徴 (気象庁)
http://www.data.kishou.go.jp/climate/db/elnino/learning/tenkou/nihon1.html

エルニーニョ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A7

地球科学 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E7%A7%91%E5%AD%A6

Copyright(C) まさじ (Masaji) 2005-2017

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エルニーニョ現象の影響でこの冬は暖冬 雅爺の小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる